最新記事

【杉本錬堂】頚椎のブレを改善する方法

先生、こんにちは。
天城流湯治療法の杉本錬堂です!

本日は、頚椎のブレを改善する方法を公開します。

動画のモデルは頸椎の5番が2mmくらいへっこんでいる状態でした。

この場合、できれば棘上筋全体を緩めたほうがいいです。
というのも、へこんでいる期間が長く続くと、多裂筋が硬く委縮してきて、いきなりはめると筋肉を急激に動かすので、後から痛くなる可能性があります。
ですので、なるべく多裂筋をはがすようにしてください。

多裂筋は補助するような役割の筋ですが、背骨の間に長く続いており、緩めると体がすごく楽になります。
メインではないですが、大事な部位です。

是非、試してみて下さい。

施術の様子はこちら
↓↓↓


錬堂先生のDVD教材


▼DVD教材▼