最新記事

【本編サンプル】皮膚独自のラインにアプローチし全身バランスを整える!

本日はランゲルラインテクニックの本編から、一部分を特別に公開したいと思います!

今回のランゲルラインテクニックですが、この動画をみていただければおわかりいただけますが、そっと手を触れているだけのような感じでしっかり結果がでてしまう手技となります。

でも、すぐに結果が出るのは「ランゲルライン」という皮膚の走行をしっかり認識して施術しているから効果がでているんです。
また、なぜ皮膚を触るだけで関節の可動域が広がったり、身体の動きが改善したりするのかというと、筋肉や筋膜などはすべて皮膚に包まれている組織になりますから、「皮膚はその組織全体を大きく包んでいる風呂敷のようなもの」と考えると、風呂敷である皮膚が自由に動いていないと包まれている筋肉や筋膜の動きが制限されてしまうことは容易に理解できると思います。

さらに皮膚というものは驚くべきことに、敏感な受容器をたくさん備えていることで様々な情報も受け取ることができます。

例えばエネルギー治療をしている方ならばおわかりいただけると思いますが、皮膚はエネルギーなども察知することができたり、情報やデータなどの周波数さえも察知できる可能性さえあります。

もちろんまだまだ未科学的なところはありますが、例えて言うならば、人を見た時に、その人がなんだか楽しそうとか、怒っているとか悲しんでいるとか、そういったことがなんとなくですがわかるような気がしませんか?

皮膚は耳では捉えきれない超音波の振動をしっかり受け取っているらしく、皮膚感覚でそれらを受信している可能性があります。
なので、そういう意味でも皮膚という組織は良い状態を保つことが重要ですし、ランゲルラインという実際の皮膚の走行なども把握して施術することで、さらにそういうエネルギー的な世界にもアプローチしていける可能性もでてくるのではないかと思っています。

飛躍的なお話になってしまいましたが・・・、

とにもかくにも人体をよりよい状態にしていくためには、皮膚という組織は重要なところであることを理解していただけたと思います。

まずは人体の施術の基本中の基本である「皮膚の走行」をしっかり施術すること、そしてその皮膚の動きを今回のランゲルラインテクニックの技術で改善させていく・・・、さらに今回の講師の手島先生の臨床で培われたオリジナルの皮膚の施術を織り交ぜていけば、金メダルをとれるようなオリンピック選手も施術することができるわけです。

人体最大、最重量の組織を施術する「ランゲルラインテクニック」を是非、ご覧下さい!

動画はこちら
↓↓↓

関節、筋肉、筋膜だけに着目していませんか…?
人体最大・最重の臓器である皮膚を
治療家がスルーするなんて…大損します!

歩行困難がその場で改善!
急性症状から慢性痛までをも完全網羅!

臨床で活躍する60症例以上に対応
部位別7種&応用テクニックを収録した
ランゲルラインテクニックの詳細はこちら↓↓↓


詳細ページはこちら